keyboard_arrow_right
初心者おすすめ情報
初心者おすすめ情報

葉酸サプリにデメリットや副作用はあるのか

葉酸は妊娠中には必要な栄養素とされています。だからといって、たくさんとりすぎると実は副作用やデメリットが生じます。安心して飲むためにも、副作用やデメリットについても知っておきましょう。

妊娠をしたら、食事にもかなり気を使うでしょう。それも自分はもちろん、赤ちゃんのために栄養もとりたいという気持ちにもなるはずです。そんなときに厚生労働省も勧めるのが、葉酸です。
そんな葉酸もサプリでとれて、便利です。でも必要だからといって、たくさんとっても大丈夫なのでしょうか。

そもそも葉酸はどのくらいとっておくべきものなのか

葉酸は必要とは聞くけれど、どのくらいとればいいのかと思いませんか。
妊娠していないときには、240マイクログラムが必要と言われています。しかし、葉酸は水にとけやすかったり、調理することで、無くなりやすいのです。そのため、実際には1日に必要な量はとれていないのがほとんどです。

そして妊娠するとますます必要になり、400マイクログラムとなります。そうなると食事だけでは厳しいので、葉酸サプリを頼った方がいいのです。

葉酸サプリは本来は安全だが、とりすぎると

本来は、葉酸サプリをとっても副作用はでないです。ところか多くとることで、1日に必要な量を大きく越えると、体へ悪影響を及ぼすのです。たとえば、数値にすると1,000マイクログラムを越えると体調によくないとされています。

たとえば、次のようなことが起こります。食欲不振、吐き気といった胃腸系での副作用が起こるかもしれません。
あとは、蕁麻疹、紅斑、かゆみ等皮膚の症状かもしれません。
その他には、呼吸障害や睡眠障害といったこともあります。
そして、怖いことに赤ちゃんへの副作用として、赤ちゃんが喘息になってしまうというリスクも報告されています。

回数や用量を守れば比較的回避しやすい

他にも亜鉛といった栄養素がとれなくなるといったデメリットもあります。こうした副作用やデメリットは本来はなく、安心できますが、過剰にとることで起きてしまいます。
目安としては、先に挙げた1,000マイクログラムなので、葉酸サプリを倍以上とると起こりやすくなります。また海外製の葉酸サプリだともともとの葉酸の量が多くなっており、それを日本製と同じように飲むことで気づかないうちに越えるかもしれません。

食事でとれる葉酸の量は少ないので、あとは葉酸サプリのとりすぎに気をつければ副作用やデメリットは回避できるはずです。1日にとるべき用量や回数は守って飲むようにしましょう。

初心者おすすめ情報

葉酸サプリってどこで買ったらいいのか

葉酸サプリに対しての関心は年々高まってきています。不妊治療をする前にまずはと始める人も多いです。そんな葉酸サプリですが、薬局やネットなどで買えます。でも、本当はどこで買うのがいいのでしょうか。

赤ちゃんがほしくてもなかなかできないと悩んでいる人も多いでしょう。妊娠できないからと、不妊治療をすぐにというのも躊躇してしまいます。そんなときにまずできることとして、葉酸サプリを飲んでみるのはどうでしょうか。
多くの人が使っています。手軽に始めることもできます。
でも、いざ購入となるとどこで、購入したらいいのでしょうか。

薬局やドラッグストアでも簡単に買える

葉酸と聞いても、妊娠をまだ経験したことがない人だとピンとこないかもしれません。また男性もなおさら、わからないという人も多いはずです。
しかし、妊娠を希望する場合には、女性ばかりでなく、男性も葉酸サプリを飲んだ方がいいのです。男性の精子にも効果を発揮するからです。

ですので、女性も男性も飲むとなると手軽に手に入った方がいいです。そんなときにはドラッグストアや薬局でも実は葉酸サプリは買えます。
しかし、まずは試しに少し使うくらいにした方がいいでしょう。また、妊娠したときには赤ちゃんのためにも控えた方が良さそうです。ネットと比べて安価になるため、その成分では葉酸だけとなっており、妊婦に必要なビタミンがとれません。また、化学的な成分が多くなるため、赤ちゃんへの影響も心配です。

ネットで専門的なサイトから購入しよう

葉酸サプリは、ネットでも盛んに販売されています。

販売しているサイトは、健康食品メーカーなど専門的なメーカーがほとんどです。初めて利用する人に向けての葉酸の特徴や効果、注意点や口コミなどがあり、とても参考になります。
確かに料金は、薬局やドラッグストアと比べると高めになっています。3,000円ごろから数千円以上のものもあるなど、かなり料金の幅も広まっています。
しかし、その成分は天然成分がメインとなっているので、母体はもちろん赤ちゃんにも優しいサプリとなっているのです。

葉酸の成分だけでなくそれ以外の成分もある

ネットの葉酸サプリだと、葉酸だけでなくビタミンも豊富に含まれるなどしており、効果もいろいろと期待できます。また、栄養素もとれるとして、より女性の健康にも役立ちます。

赤ちゃんがほしいときには、料金を上げてでもやはりサイトで、本格的な葉酸サプリを購入したほうがいいのです。

初心者おすすめ情報

妊娠に必要な葉酸とサプリについて知っていこう

妊娠はもちろん、妊活中も葉酸が必要だと知っていましたか。今ではサプリからでも摂取できます。効率的にとるために効果的です。まずは、サプリと葉酸について知っていきましょう。

妊娠をすると栄養にも気を付けないといけません。それもやっぱり赤ちゃんのためなのです。その栄養の中でも特に必要なものとなってくるが、葉酸です。
葉酸についてあまり知らないなんて言う女性も多いです。ここでは、葉酸やサプリについてみていきます。

葉酸は普段はどんな食べ物からとることができるのか

葉酸は普段の食事でもとれる栄養素です。
野菜類に多く含まれており、これらを食べることで摂取できます。たとえば、ほうれん草、そらまめ、枝豆、ケール、アスパラガス、めきゃべつなどに含まれています。また果物ではドリアン、マンゴー、アボカド、イチゴからとれます。あとは、肉類で鳥、豚、牛でもレバーに多く含まれています。
その他にも納豆や海苔、いくらやウニなどの魚介類にも含まれています。

妊娠すると食べ物からとるのだけでは不足

妊娠したいないときには240マイクログラムが1日の必要な摂取量といわれています。普段でも時には不足しがちな葉酸ですが、さらに妊娠するとさらに240マイクログラムが必要となります。
これを食べ物だけでとるのはかなり大変出す。葉酸だけをとるために、多い食べ物をとると今度は、ほかの栄養のバランスを崩してしまいます。
ですので、そんなときには葉酸のサプリを使って取るといいでしょう。

葉酸サプリの種類も多く、葉酸だけでなくビタミンも豊富に含んでおり、その結果ますます、妊娠に必要な栄養をとることができるのです。また値段も200円台の安いものから数千円台までとかなり幅広くなっています。予算に合わせて選べるのも特徴的です。あと、サプリによってはドラッグストアでも購入できますし、また、ネットで専門のサプリ販売サイトから購入も可能です。

飲み方も簡単!1日に何回かに分けて飲もう

食べ物だと調理したり、またバランスを考えるので、摂取と大変です。
サプリであれば水で飲むだけですし、1日に何回かに分けて飲むだけですので、簡単です。
また、メーカーによっては、240マイクログラム、400マイクログラム、100マイクログラムなどの葉酸量のパターンを用意するなど特徴もいろいろです。

妊娠したときはもちろん、妊活のときから葉酸を効果的にとるには、サプリが良いのです。