keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
葉酸サプリにデメリットや副作用はあるのか
初心者おすすめ情報

葉酸サプリにデメリットや副作用はあるのか

葉酸は妊娠中には必要な栄養素とされています。だからといって、たくさんとりすぎると実は副作用やデメリットが生じます。安心して飲むためにも、副作用やデメリットについても知っておきましょう。

妊娠をしたら、食事にもかなり気を使うでしょう。それも自分はもちろん、赤ちゃんのために栄養もとりたいという気持ちにもなるはずです。そんなときに厚生労働省も勧めるのが、葉酸です。
そんな葉酸もサプリでとれて、便利です。でも必要だからといって、たくさんとっても大丈夫なのでしょうか。

そもそも葉酸はどのくらいとっておくべきものなのか

葉酸は必要とは聞くけれど、どのくらいとればいいのかと思いませんか。
妊娠していないときには、240マイクログラムが必要と言われています。しかし、葉酸は水にとけやすかったり、調理することで、無くなりやすいのです。そのため、実際には1日に必要な量はとれていないのがほとんどです。

そして妊娠するとますます必要になり、400マイクログラムとなります。そうなると食事だけでは厳しいので、葉酸サプリを頼った方がいいのです。

葉酸サプリは本来は安全だが、とりすぎると

本来は、葉酸サプリをとっても副作用はでないです。ところか多くとることで、1日に必要な量を大きく越えると、体へ悪影響を及ぼすのです。たとえば、数値にすると1,000マイクログラムを越えると体調によくないとされています。

たとえば、次のようなことが起こります。食欲不振、吐き気といった胃腸系での副作用が起こるかもしれません。
あとは、蕁麻疹、紅斑、かゆみ等皮膚の症状かもしれません。
その他には、呼吸障害や睡眠障害といったこともあります。
そして、怖いことに赤ちゃんへの副作用として、赤ちゃんが喘息になってしまうというリスクも報告されています。

回数や用量を守れば比較的回避しやすい

他にも亜鉛といった栄養素がとれなくなるといったデメリットもあります。こうした副作用やデメリットは本来はなく、安心できますが、過剰にとることで起きてしまいます。
目安としては、先に挙げた1,000マイクログラムなので、葉酸サプリを倍以上とると起こりやすくなります。また海外製の葉酸サプリだともともとの葉酸の量が多くなっており、それを日本製と同じように飲むことで気づかないうちに越えるかもしれません。

食事でとれる葉酸の量は少ないので、あとは葉酸サプリのとりすぎに気をつければ副作用やデメリットは回避できるはずです。1日にとるべき用量や回数は守って飲むようにしましょう。